歴史 / History

  • 昭和8年(1933年)
    吉田衛 20歳
    野毛町1丁目23番地に「ジャズ喫茶ちぐさ」創業
  • 昭和20年(1945年)
    横浜大空襲で店舗焼失 6000枚以上あったレコードの全てが失われる。
  • 昭和23年(1948年)
    店の常連やジャズメン達から千数百枚のレコードを手に入れ、「ちぐさ」再開。
  • 平成19年(2007年)
    1994年に他界した吉田氏の後を継ぎ、妹の吉田孝子と有志の常連客数名によって
    その後10年以上にわたり営業が続けられたが、この年、
    大勢の人々に見送られるなかその長い歴史の幕を一度閉じる。
  • 平成22年(2010年)
    「ちぐさアーカイブ展 ―野毛にちぐさがあった―」が催される。
    野毛街づくり会に管理・活用を委託していた「ちぐさ」の遺産(LPレコード・コレクション、音響装置、テーブル、椅子、照明器具、ジャズ演奏家の写真パネル、書簡類他)が使われ、ちぐさアーカイブプロジェクト実行委員会(委員長 川崎義博)により旧ちぐさの店舗がビルの一室(Hana*Hana Aスペース)の中に実寸大で復元される。
    10月、11月の二期あわせて13日間の”営業”、およびトークショウが行われた。のべ 約2000人が来場。
  • 平成23年(2011年)
    野毛地区、ちぐさアーカイブプロジェクト実行委員会、ちぐさ会(常連客が作った親睦会)、横浜ジャス協会等の有志により「横浜市震災復興空き店舗活用事業」助成金を横浜市に対して申請。交付認可。
  • 平成24年(2012年)
    旧コロンビア店(中区野毛町2-94)を賃借して改装。
    「ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館」を一般社団法人登記(2012年2月22日)。
  • 平成24年 3月11日
    現在地にて営業再開

One thought on “歴史 / History

  1. はじめまして、先日、4人連れで伺ったひとりです。
    ジャズは、好きですがジャズ喫茶は、初めてでした。椅子に座ると同時に立ち上がりすぐに、エロール・ガーナーを、リクエストしました。前から持っているLPのレコードを聴きたかったからです。同じレコードでは、ありませんでしたが、確かにエロール・ガーナーの演奏で、あのピアノのタッチは、なつかしかったです。あれから、”ちぐさ”さんのことが気になり、図書館で探した「ジャズ喫茶が熱かった日々」の中に創業者吉田衛さんご本人の文章がありました。楽しく読ませてもらいました。そのことを、お知らせします。 神戸からファンになった者より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です